カードローンの審査口コミ・裏評判 > レイク > 新生レイクはどこが変わった?

新生レイクはどこが変わった?

レイクが新生銀行カードローンとして、10月1日より生まれ変わりました。

今までの無利息サービスやキャンペーンはそのままに、銀行カードローンとしてパワーアップ!

 

新生レイクはどこが変わって、どこが変わっていないのか?

旧レイクと比較検証してみましょう。

 

■申込み資格

旧レイク:満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイト可)

新生レイク:年齢が満20歳以上65歳以下の国内に居住する方

 

66歳から70歳でも申込めるのが特徴だったレイクですが、

新生レイクは65歳以下に制限されています。

 

■限度額

旧レイク:1万円~200万円

新生レイク:1万円~300万円

銀行カードローンとなり、限度額100万円アップしました。

レイクはいままで限度額が低めに設定された小口融資向けだったのですが、これでオールマイティに利用できるようになりました。

 

■金利

旧レイク:9.0%~18.0%

新生レイク:9.0%~18.0%

金利は新しくなってもそのままです。

新生銀行カードローンなので、金利引き下げも期待したいところですが、

初回30日間無利息と初回180日間無利息を継続していくようなので、

金利の引き下げどうもなさそうです。

 

新生レイクを他社とも比較する。⇒レイク比較キャッシング

 

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。