学費用に借りれるカードローン

学費が何らかの事情で足りない。親や親戚に頼んでも都合がつかない。

期日までに振り込まないと大学を除籍されてしまう。

相当お困りだと思います。

 

学生の方に借金を勧めるのはどうかと思いますが、いざという時は学生ローンという方法もあります。

学費目的であれば、通常より金利が安くなる学生ローンもあるのでいざという時は検討してみて下さい。

 

学生ローンのイーキャンパスは、学費目的であれば年率15.6%です。

親権者やバイト先への在籍確認、同意確認はされないので親に迷惑かけたくないなどの心配は不要です。

念の為、申込み時に確認をされるとよいでしょう。

 

イーキャンパスは、学生証と免許証の提示で金利が下がる珍しいカードローンですが、

学費の請求書を提示すると、額費用のローンということでさらに金利が下がります。

 

学生ローンのイーキャンパスは、学費で困ったとき頼りになります。

&n学生ローンのイー・キャンパス

学生ローンも審査時に在籍確認が必要?

学生ローンも審査の時はバイト先へ在籍確認や親への確認が必要なのか?

心配される学生の方は多いと思いますが、学生ローンは基本的に在籍確認も親の確認も必要ありません。

 

学生・アルバイトでも申込み可能な三菱東京UFJ銀行カードローンなどは

親の同意書が必要になりますが、学生ローンであれば必要ありません。

 

もちろん安定した収入がある必要がありませんが、収入証明も不要なので実際アルバイトをしているかどうかは問われません。

かといって無闇やたらに学生ローンに手を出すと、返済できなくなる可能性が高いので、

しっかり返済計画を立てて、問題ないと自分で判断できるようであれば申込んでみましょう。

 

あと、学生を狙った悪質な学生ローン会社に捕まらないように気をつけてくださいね。

大手学生ローンのイー・キャンパスアミーゴであれば、学生ローンの老舗ですし安心して利用できると口コミでも評判なのでオススメです。

カードローン審査で在籍確認パスする方法

カードローンの審査には不安がつきものです。
審査が通るかどうかもそうですが、私なんかの場合は家族や会社の人間にばれるんじゃないかといつもドキドキしてしまいます。

 

在籍確認というのはカードローン審査の場合必ずついてまわるものなので、

こればっかりはどうする事もできません。

 

カードローン会社としては、プライバシーを重視するために、会社名ではなく個人名で在籍確認を行うそうなので、

あとはバレないようにうまくやり過ごすしかないでしょう。

 

ただ、1つだけ在籍確認を行わないカードローンがあります。

それは学生ローン。学生を対象にしたカードローンは審査の際に在籍確認が原則行われません。

 

「な~んだ、学生かよ。」と思ったそこのあなた!

実は、社会人も対象にした学生ローンがあるのをご存知ですか?

 

その名も学生ローン・キャッシングのキャンパス

ここなら、社会人でも学生ローン扱いで融資を受ける事が可能です。

ただし34歳以下に限る。

 

学生ローンのキャンパスは、学生だけに留まらず、若者を幅広く応援しよう!という事で、

貸出し対象年齢を34歳まで広げ、「ヤングローン」というまったく新しいジャンルを確立しています。

 

学生の枠を飛び出したヤングローン。34歳以下には嬉しいキャッシングサービスです。

金利も大手消費者金融より低いので、お得にキャッシングが可能です。

 

もし社会人で、お金に困っているけど審査の在籍確認が心配!

そんなあたなはヤングローンのキャンパスを候補に入れてみても良いと思います。