共済クレジットのデメリットって?

今、一番審査が甘いと口コミで評判の共済クレジットですが、共済クレジットで融資を受けるに当たって1つだけデメリットがあります。

それは、融資が店頭で行われる事。

 

共済クレジットの申し込みや審査はもちろんインターネットで可能ですし、24時間365日受け付けていますが、審査通過後は共済クレジットに来店しないと融資が受けられません。

つまり、銀行への振込融資を受け付けていないという事です。

 

もし、東京都の錦糸町(もしくは亀戸)に行くのが苦でないのであれば、共済クレジットは確実にあなたの助けになってくれるはずです。

 

共済クレジットの多目的ローンは、金利が20.0%と高いものの、500万円まで融資が可能ですし、何よりおまとめローンがすごい!

 

共済クレジットのおまとめローンが口コミで評判になっているのは、他社からの借り入れが5件でも借りられたという点です。

共済クレジットの借換ローンで借金をまとめる場合は、100万~500万円の融資で金利も7.3%~15.0%なので、申し分ない条件です。

 

多重債務で悩んでいるのであれば、多少交通費がかかっても申込たい条件が共済クレジットには揃っています。

他社でNGだったら、試してみる価値のあるキャッシングカードローンです。

 

共済クレジット詳細

今、審査が甘いキャッシングはどこ?

昨日、キャッシング仲間の友人から聞いたのですが、プロミスが顧客開拓に力をいれてるとか。

70万円枠だったのに増額の電話がかかってきて、試しに申込んだら300万円になったと喜んでいました。

 

プロミスの方から電話してきておいて、申込んでから審査なんておかしなシステムだとは思いますが、結果オーライだったようです。

私のところにはプロミスから増額の電話は来ていませんが、増枠を募っているなら、今プロミスは審査が甘い可能性があります。

 

キャッシングの審査は経済状況によって常に変動しますから、株と同じで審査が甘い時と審査が厳しい時があります。

今ちょうどプロミスは審査が甘い、株で言う所の“買い”の時期でしょう。

 

と言ってもプロミスやモビットは近頃金利の引き下げを断行したので、通常であれば審査が厳しい時期に入っているはずです。

それなのに増枠顧客を増やしているという事は、やはり低金利を売りにして新規顧客拡大を目論んでるとみて間違いないでしょうね。

今、審査が甘いプロミス