モビットのWEB完結が遂にスマホ化対応!

いままでPC申込みのみ対応していたモビットのWEB完結が、
遂にスマホ申込みにも対応しました♪

モビットWEB完結のメリットは、
もちろん「インターネットで申し込める」だけじゃありません!
 

なんと、『電話連絡が不要』なのです。

申込み時に社会保険証を必須条件とする事により、
勤め先への電話連絡が不要になりました。

 

今までカードローンの申込みと言えば、
【会社への在籍確認】が一番の心配の種という人が多かったと思いますが、
これからはモビットのWEB完結で電話連絡が不要になります。

ただ先ほども書いた通り、このWEB完結に申込めるのは
社会保険証を保持している人のみ。

自営業の人は「国民健康保険」なので申込む事が出来ません。

↓見分け方

 

WEB完結を利用すれば、ローンカードの発行もなく、
利用明細や契約書類が郵送される事もないので、
会社以外にも家族にバレる心配もなくなります。

借入も返済も口座振替で済ませる事ができるので、
もし社会保険証を持っていて、キャッシング利用を考えているのであれば、
モビットを候補に入れても良いでしょう。

 

ただWEB完結。
という便利なサービスがある代わり(?)に、
モビットには無利息サービスがありません。

100万円以下の融資で適用される金利は
ほぼ18.0%です。

より安く利息を抑えたいのであれば、
無利息サービスのあるプロミスやレイクを選択した方が良いです。

 

秘密優先ならモビット。
という感じですね。

審査に通るローンと審査に通らないローン


消費者金融の審査は
会社によって違うようで
たとえ過去に延滞などなくても
通る会社と通らない会社があるようです。

では、なぜそんなに違うのか?

最近ではインターネットを使うことで
店舗に足を運ぶ事なく
契約が出来るようになりました。

その場合、ネット上で記入した
情報のみで判断するので、
相手側の受け取り方によって
断られたりすることもあるようです。

以前、転職をした時のことなのですが、
どうしても最初の給料日までの生活費がなくて、
カードを作ろうとしたのですが断られました。

理由を聞くと、入社したばかりで
働いてる期間が短いからとのこと。

なので、転職を考えてる場合は、もしもの時の事を考えて
事前にカードを作っておくのがいいかもしれません。

 

もちろん、返済するあてがなく借りるのはダメですが、
次の仕事さえ決まっていれば、いざという時の保険になります。

一度、断られた場合でも、店舗や電話で事情を話せば
融資を受けられる可能性もあるので、

『返済に問題はないけど、断られた』

『仕事を始めて間もない』

そんな時は直接、相談をしてみるといいかもしれません。

 

あと、ここだけの話ですが、、、

在籍確認の際には、勤務期間を確認する事はないので、
長めに申告しておくのも一つの手段として覚えておくと良いでしょう^^

審査時の本人確認電話対策方法!


消費者金融でカードを作った時に困るのが、
職場への在籍確認です。

一応、消費者金融とバレないように
個人を装ってかけてくれるのですが、
普段、個人あてに電話がかかってこないような会社だと
怪しまれたりします^^;

 

先週、自分で本人確認の電話に出てしまうのも手だ。
と記事に書きましたが、

自分で電話に出れないようなテレアポの会社なんかだと、
周りから同じような内容が聞こえてくるので
人によっては消費者金融と気付く人もいるようです。

 

そんな時は予防線として、

『クレジットカードを頼んだから
 電話がかかってくるかもしれない』

と伝えておきましょう。

クレジットカード会社も
消費者金融も確認の方法は変わらないので、
クレジットカードと言っておく事で
職場の人にも怪しまれる事はなくなります。

 

私の勤めてる会社の場合、
個人に電話がかかってくる事はほぼ、ないので
事前にこのように伝えておく事で、
怪しまれる事はありませんでした。

 

かなり一般化したとはいえ、
消費者金融というと、まだまだ誤解だったり、
偏見を持ってる人も多いですからね^^;

まぁ、今はいざという時に、
キャッシング利用できるカードを持っている方が
独立した大人として立派だと思いますけど(笑)

 

念のため、「クレカの本人確認電話が来るから宜しくぅ~」
と伝えておけば、変な噂をされるのを防ぐ事ができますよ^^

在籍確認の内容ってどんな?


カード契約時にかかってくる確認電話。

職場にかかってくるという事で、
不安に感じてる人もいるのではないでしょうか?

『会社にかけてきて何を言われるんだろう』

『職場の人に変な噂をされないだろうか』

初めて借りる時には不安が付きまといますよね。

私もそうだったのですが、その点は心配いりません。

 

確認電話には在籍確認と本人確認がありますが
通常、職場への在籍確認は個人名で行われます。

『アコムの竹田です』ではなく、
『竹田と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?』
といった感じでかかってきます。

 

もしくは、時間を指定して
自分で電話に出てしまう事もできます。

カードローン会社としては、
携帯ではなく、固定電話で確認をする。

という事にも意味があるので、
自分で電話に出る方法もアリです。

 

大手のしっかりした会社だと
個人情報の取り扱いはしっかりとしてるので
周りに知られるような事はまず、ありません。

ただ、電話BOXなどに携帯番号だけ載せてるような、
いかにも闇金のような会社はこの限りではありません。

プロミスやアコムなどの大手を
選ぶようにしたほうがいいですね。

 

ちなみに本人確認は窓口や契約機の段階で
確認されている事が多いので、
2度、3度と行われるような事はないようです。

誰にも知られずにお金を借りるには


お金を借りるには
人それぞれに理由があると思いますが、
できれば、周りの人には知られたくないですよね?

内緒で借りたいのに
書類が送られてきたりすると
家族にバレてしまいます。

そこで、プロミスを例に
消費者金融で借りる際の
注意点を書いていきます。

まず、申し込み方法ですが、
誰にも合わずに申し込む場合、
次の方法があります。

・PC、携帯など、WEBからの申し込み

・自動契約機からの申し込み

・プロミスコールからの申し込み

これらの方法で申し込み、
自動契約機でカードを受け取れば
誰にも合わずに契約が可能です。

あと、困るのが
書類が郵送されてくる事ですよね?

どういった時に送られてくるかですが、
以下のような場合に書類が送られてきます。

・提携ATMで借入れや返済をした場合

・支払いが遅れ、連絡が取れない場合

・振込キャッシングを利用した場合

これらの場合には自宅や勤め先に
書類が送られてくる場合があるので
注意が必要ですね。

あと、結構知らない人も多いのですが、
完済時に契約書が自宅に送られてきます。

これを避けるには
プロミス側で廃棄するよう依頼するか、
直接店舗に取りに行くようにしましょう。

職場に借金がバレない方法


消費者金融でカードを作ると
職場への在籍確認の電話が
かかってきます。

一応、消費者金融とバレないように
個人を装ってかけてくれるのですが、
大勢のテレアポがいる会社の場合、
周りから同じような内容が聞こえてくるので
人によっては消費者金融と気付く人も
いるようです。

そんな時は予防線として、

『クレジットカードを頼んだから
 電話がかかってくるかもしれない』

と伝えておきましょう。

クレジットカード会社も
消費者金融も確認の方法は変わらないので、
クレジットカードと言っておく事で
職場の人にも怪しまれる事はなくなります。

かなり一般化したとはいえ、
人によっては、いいイメージを
持ってない人もいるので、
クレジットカードと言っておく事で
変な噂をされるのを防ぐ事ができます。

プロミスは在籍確認が不要?

プロミスは審査時の在籍確認は必須項目になっています。

 

しかし、プロミスのオペレーターの方は熟練した接客技術を身につけているので、

相談に応じた柔軟対応をしてくれる事が多々あります。

 

例えば、どうしても在籍確認の電話を避けたい時。

カードローンは反社会的行為でもないし、後ろめたいサービスでもないですが、

なんとなく隠したい気持ちがありますよね。

プロミスでも社名は名乗る様な事はありませんが、どうしても在籍確認がいやだ。

 

そんな時は、プロミス申込み時に、

在籍証明書の提出で在籍確認を取って貰えるか聞いてみましょう。

申込者の状況によって変わるので、確実とは言えませんが

プロミスなら相談に乗ってくれる可能性があります。

 

申込みはインターネットが早く便利なので、

ネット申込後にプロミス窓口に相談するのがベストです。

 

 

在籍確認が不要のカードローン

在籍確認はカードローンの審査時に必須の項目ですが、

在籍確認が不要のカードローンがあります、

 

それは、学生ローン。

学生ローンは基本的にバイト先への連絡をしたり、

親への承諾を得たり。という確認を審査時に行っていません。

 

じゃあ、学生じゃない場合はどうなるのか?

原則在籍確認は必須ですが、ヤングローンという

新しいジャンルのカードローンであれば、在籍確認が不要です。

 

ヤングローンは、学生だけでなく34歳までの社会人を対象にしたカードローンなので、

社会人でも34歳以下であれば在籍確認が不要です。

 

しかも金利が16.20%,16.80%,17.40%なので、

プロミスやアコムと言った、大手消費者金融よりお得な金利でキャッシングが可能です。

 

ただ、審査はしっかり行われるので

その点だけ注意して下さい。

ヤングローンのキャンパス

 

在籍確認不要のカードローンってあるの?

カードローンの審査の時には在籍確認が必須です。

 

キャッシング枠のないクレジットカードを作るときにも在籍確認は必須なので、

直接お金を貸す、キャッシングカードローンで在籍確認があるのは当たり前と言えば当たり前なのですが、

実は在籍確認不要のカードローンがあります。

 

それがヤングローンキャンパスです。

ヤングローンキャンパスは学生ローンから派生した社会人も借りられるカードローンです。

ただし、34歳以下の社会人に限ります。

金利は15.6%~17.4%なので、レイクやプロミスよりもやや低金利です。

 

ただ無利息期間はありません。

初めてにキャッシングで無利息期間を利用したいならレイクやプロミスがオススメですが、

在籍確認不要のカードローンを探しているならヤングローンキャンパスしかありません。

 

ヤングローンキャンパスは学生ローンから派生している、若い世代の援助を目的としたカードローンなので、

在籍確認が不要となっています。

ヤングローンのキャンパス

 

カードローン審査に通る為の裏技3

好評のカードローン審査の裏技シリーズ第3弾。

今日のテーマは、無職のカードローン申し込みです。

 

カードローンの申込みには、必ず仕事をしている必要があります。

無職の方は、安定した収入がないので申込むことができません。

 

では無職の場合どうするか?

カードローンに申込む前にアルバイトやパートでも良いので仕事を初めて下さい。

カードローンの審査で在籍確認を取れるようにしておく事が大事です。

 

それも難しいようであれば、「自営業」として申込みをしましょう。

もちろん審査に落ちてしまう可能性は充分にありますが、収入証明を必要としない小額のキャッシングであれば、

審査に通過する可能性も充分にあります。

 

もちろん、その後収入をきちんと得て返済予定が立てられる場合のみ、お試し下さいね。