専業主婦でも借りられる銀行カードローン

今日は、昨日の専業主婦でも借りられる消費者金融に引き続いて、
専業主婦でも借りられる銀行カードローンの紹介です。

語弊がないように前置きしておきますが、
専業主婦でも借りられるかどうかの最終的な判断は
各カードローン会社の審査によります。

 

今回紹介する銀行カードローンも、
専業主婦でも申込が可能な銀行カードローンであって、
必ず融資を受けられる訳ではありません。

 

その気になるカードローンとは?

CMでもお馴染みのみずほ銀行カードローンです。

 

みずほ銀行カードローンでは、配偶者に安定かつ継続した収入があれば、
専業主婦(つまり収入がない主婦)でも30万円を限度額に融資を行うと貸付条件に明記されています。

 

専業主婦の方は、一切申し込みお断りとしている銀行カードローンが多いなか、
みずほ銀行カードローンの存在は大きいのではないでしょうか?

 

旦那さんの収入があれば
内緒で銀行からお金を借りる事も可能になるわけです。

黙って借金を作られた夫は大変ですが、
専業主婦には大助かりですね。

 

ただ、みずほ銀行カードローンには無利息期間がないので、
少しでもお得にお金を借りたいのであれば、

パートかアルバイト勤務をして無利息期間のある
プロミスに申込んだ方がお得に融資を受けられる可能性があります。
※無利息サービス利用は無料のポイントサービス加入が必要

↓    ↓    ↓    ↓    ↓ 

レイクは無職でも借りられる?

レイクは無職でも借りられるのか?

答えは△です。

 

レイクでは、専業主婦や専業主夫の方でも配偶者に安定した収入があれば、

融資を受けられる可能性があります。

なので、無職でもレイクで借りられる可能性があるとすればそこです。

 

結婚もしていない、独身男性、女性が親の収入を申告などして、

無職のまま借りられることはありません。

 

よく、自営業と申告して、在籍確認も家の固定電話で済まし、低額の融資に成功した。

という例もありますが、基本的に安定した収入がないとレイクので融資は審査NGになります。

 

 

また、もし借りられたとしても無職の人がレイクに返済する事は難しいので、

きっちり仕事について融資を受けるようにしましょう。

 

定年後でも借りられる銀行カードローン

長引く不況、今はまだなんとか年金が給付されますが、

やはり定年後の生活を考えると不安で仕方ありません。

 

今日は、定年後でも借りられる銀行カードローンを紹介します。

定年後でも借りられる銀行カードローンは実は1社しかありません。

 

定年後でも借りられる銀行カードローンは、

三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資で作ったじぶん銀行のカードローン、じぶんローンのみです。

じぶんローンはネット銀行ですが、楽天銀行カードローンや住信SBIネット銀行カードローンともと競うこともなく、

ちょうど消費者金融と銀行カードローンの間ぐらいに位置しています。

 

限度額は500万円まで可能ですが、

金利が5.0%~17.5%と、消費者金融よりは低めですが、

銀行カードローンの中では高い設定です。

年齢制限は20~69歳まで借りられます。

 

銀行カードローンは大抵65歳までの年齢制限で、

消費者金融は69歳まで借りられる所がほとんどです。

 

定年後に消費者金融でお金を融通してもらうのは恥ずかしい、みっともないと感じるのであれば、

じぶん銀行カードローン、銀行カードローンなのでオススメです♪

 

じぶん銀行カードローン詳細