キャッシングってどこで借りたらいいの?

お金を借りたいけど、どこで借りたらいいのか分からない。

 

いざ、借りようと思っても、たくさんの金融会社があって
どこに決めたらいいのか迷いますよね。

まず、怪しくない安心できるところを選ぶのは当然ですが、
借りる人の状況によって、オススメの金融機関は変わってきます。

 
審査にある程度時間がかかってもいいのなら
銀行系のキャッシングがオススメです。

通常の消費者金融に比べて金利が低いので、
ある程度、長期の返済になると、かなり金額に差がでます。

 

もし、すぐにお金が必要な場合は
プロミスやノーローンなどの大手消費者金融がいいですね。

審査から融資までのスピードが速く、
最短、即日融資というのが魅力です。

 
各社いろいろなサービスを展開してるので、
申し込む前にお得なサービスやキャンペーンがないか
調べてみるといいかもしれませんね。
 

あと、短期間に申し込みをしすぎると
延滞とかがなくても審査に通らなくなるので、
同時に申し込む場合は2社くらいに抑えて
短期間に申し込みをしすぎないようにしましょう。
 

関東信販の低金利化がアコム・モビットを越えた!

関東信販の金利が引き下がり
アコムやモビット、ノーローン、レイクと言った
主要カードローンを押さえ、実質2位にランクインしました。

関東信販の金利は固定の17.95%。
他のカードローン金利の上限金利は18.0%です。

100万円以下の融資で金利が上限金利の18.0%より
下がることはまずないので、プロミスの次にお得に借りれるカードローンといえます。

 

関東信販には無利息期間がないので、
その点はノーローンやレイクの方が有利ですが、
アコムやモビットで借りるよりお得に借りれるのは嬉しいですよね。

関東信販の借入れは社会保険の加入者であれば、
サラリーマンはもちろん、主婦でもOLでも即日融資の対象になります。

 

無利息系カードローンの審査に落ちて、
社会保険証を持っている方ならオススメできる金融業者です。

最近、小口融資だと審査落ちしてしまう傾向があるようなので、
20万円以上の融資を希望すると良さそうです。

 

 

口コミで評判の低金利カードローン

34歳以下の学生・社会人が利用可能な
ヤングローンキャンパスが口コミで評判です。

 

口コミで評判の理由は、意外と低金利なところ!
ヤングローンキャンパスの金利は、上限でも17.4%なので、

プロミスの17.8%よりも低い金利設定。
アコムやモビットは18.0%なので、

もちろんヤングローンキャンパスの方が金利が低いです。

 

残念ながら無利息期間はありませんが、
継続的に利用するのであればかなりお得!

34歳以下であれば、
申込み検討価値のあるカードローンだと思います。

 

学生ローンから派生して誕生したカードローンなので、
利用後の金利相談など、柔軟に対応してくれるようです。

プロミスやアコムで審査落ちしてしまった人も
ヤングローンキャンパスなら通る可能性があるかもしれませんね。

 

大手金融会社なので、
プライバシー面も安心です。

 

アコムが借換えで超低金利化!

消費者金融の大手アコムが
貸金業法に基づく借換え専用ローンの提供開始と共に、

金利の超低金利化を発表しました。
なんと最低金利4.7%

低金利で有名な銀行カードローン、
楽天銀行カードローンやみずほ銀行カードローンよりも
低い金利設定です。

大手カードローンの低金利一覧は、
低金利比較ランキングを参考にして下さい。

無利息期間のないアコムですが、
知名度と信頼でユーザーの人気を勝ち取っており、

これからは借換え専用が強い武器になりそうです。

iPhone、android対応の
スマホ専用アプリも導入しており、

PCでも携帯でもスマホでも借入れ可能な、
ユーザビリティに優れたカードローンへと進化しています。

 

女子学生にオススメなカードローン

女子学生にオススメのカードローンがあります。

女子学生にオススメなのは、女性学生だけ金利がかなり下がるからです。

 

学生でも主婦でもパートアルバイトで毎月安定した収入があれば申込み可能としている

銀行カードローンもたくさんありますが、正直学生では銀行カードローンの審査はかなり厳しいです。

 

 

そう考えると頼みの綱は学生ローンか消費者金融。

中でも女子学生にだけ金利が下がるローンがヤングローンです。

 

20~34歳以下の女子学生であれば、金利15.6%にて借入が可能です。

学生で仮ら得るであろうカードローンの中では最低金利なので、学生ローンを検討されているならオススメです☆

 

詳細はヤングローンHPにて。

モビットで無利息利用できる?

最近の大手消費者金融は無利息期間がウリになっているので、

モビットにもてっきり無利息期間があるものと思いきや、モビットには残念ながら無利息期間がありません。

 

その代わりと言ってはなんですが、

モビットには銀行カードローン並みの低金利と融資限度額を兼ね備えています。

 

モビットの金利は、4.8%~18.0%

じつはこれ、楽天銀行カードローンのスーパーローンや三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックよりも低い金利水準なんです。

 

しかも限度額は両銀行カードローンと肩を並べる500万円。

モビットは無利息の変わりに、低金利と高限度額で消費者の人気を集めています。

 

最初に適用される金利はおそらく18.0%なので、いきなり銀行カードローンより利息が安くなるということはありませんが、

銀行カードローンよりは敷居が低く、最低金利が適用されればかなり利息が抑えられるので、

消費者金融なのに低リスクで融資を受ける事が可能になっています。

 

 

イメージモデルも夏菜さんに交代し、ますますパワーアップしたモビットから目が離せません。

限度額10万円が金利7%で借りれる!?

限度額10万円の融資であれば、通常17.8%~18.0%の金利。

銀行カードローンであっても14.5%が当たり前です。

 

それがなんと銀行カードローンの半額以下!

の7%で融資を受けられるというのが驚きです。

しかも社会保険証さえあれば審査もほぼ確実に通るとか。

 

 

デメリットを挙げるとすれば、10万円までしか借りられません。

でも10万円以上かりない人にとっては願ってもない高条件だと思いませんか?

 

こんなことが出来るのは、名前こそ有名ですが、利用者があまりない中小カードローン会社だからこそです。

小口ローンというプランで顧客を募ろうという作戦なのでしょう。

この作戦が見事に受けて、今小額ローンの利用者が急増しています。

 

 

もしプロミスやレイクの無利息期間は使い果たした。

プロミスやレイクの審査に落ちてしまった。

という場合は、こちらのカードローンへトライをおすすめします。

 

↓もちろん即日銀行振り込みにも対応しています↓

関東信販が口コミで人気の理由

関東信販という信販系のカードローンが今口コミで人気です。

古くからあるカードローンで、知っている人は知っている。という信販系のカードローンですが、最近新しい金利ぷらんを打ち出しました。

 

なんと金利7%!はっきりいってぶっちぎりで、カードローンNo.1の低金利です。

 

ただ制約が2つあります。

1つは、融資可能額が5~10万円ということ。

もう1つは社会保険証がないと融資を受けれないこと。

 

ただ、この条件さえクリアすれば、ほぼただに近い金利で融資を受ける事ができます。

5~10万円と聞いてがっかりする人もいますが、逆を言うと5~10万円を金利7%で貸してくれるカードローンなんて、銀行カードローンを見ても、消費者金融を探してもどこにもありません。

 

小口融資で困っている方がいたらチャンスです。

他社で審査NGだった。5万でも10万でも良いから必要。社会保険に加入している。

 

この条件に当てはまるのであれば、ライバルの少ない超低金利キャッシング。関東信販はオススメですよ。

消費者金融で一番金利が低いのはどこ?

プロミス、アコム、レイク、モビット、ノーローン、など大手消費者金融がキャッシング戦争の中で常に金利を下げ顧客獲得に奮闘していますが、一番金利が低いのはどこでしょう?

単純に最低金利を比較するならば、最近金利を大幅に引き下げたモビットが年利4.8%なので一番低いです。

 

これは銀行カードローンなみで、篠原涼子のCMでお馴染みのオリックスVIPカードローンと同じレベル。消費者金融でここまで金利は低いのは前代未聞でしょう。

さすが、竹中直人と桃井かおりが“大人のカードローン”と謳うだけの事はあります。

 

ただここで気をつけていただきたいのが、金利が低いからモビットにしよう!と言ってモビットに申込むと痛い目にあいます。

なぜなら、初回利用時から最低金利が適用されることなんてまず「無い」からです。

 

初回から、100万円以上の融資を希望しているのなら話は別ですが、100万円以上の融資を通常のカードローンに申込むというのはまずないし、審査かなり厳しい結果になることが予想されます。

そこで実用的な中・小口の融資を考えるのであれば、適用される金利はまず上限金利と考えて間違いありません。

 

つまり、消費者金融で一番金利が低いところはどこか?と考えた時に各キャッシング会社の上限金利を比較するのが正解です。

その結果、消費者金融で一番金利が低いのは意外や意外、ユニーファイナンスがキャンペーン中で年利が16.5%なので一番金利の低い消費者金融ということになります。

 

無利息キャンペーンなど考慮するとまた変わってきますが、金利が本当の意味で一番安く済むのはユニーファイナンスです。最短即日融資ですし、ライバルも少ないので審査も狙い目でしょう。

本当の意味での低金利キャッシングをランキングにしましたので、よかったら参考にして下さい。

真・低金利比較ランキング

 

プロミスの金利引き下げは意味がある?

プロミスが5月から金利の引き下げを敢行致しました!

なんと7.9%~17.8%だった金利を6.3%~17.8%へと大幅な下降修正です。

 

これでプロミスは消費者金融の中で間違いなく、最低金利になりました。しかも初回30日間無利息は継続して実施されるので、ますますプロミスの人気が高くなりそうですね。

 

消費者金融では例をみない、おまとめローンのスタートや、今回の金利引き下げ。プロミスは他社と比較しても明らかに改革が進んでいて、非常に頼もしいです。

これからを「かえる」プロミス。と銘打って、黄色い蛙のマスコットまで作ってしまったようです。(笑)

↓こんなやつ↓
 

 

ダジャレCMから真面目CMに全面移行していたプロミスですが、また親しみやすいイメージキャラクターで、消費者と仲良くなりたいようです。

 

さて、表題のプロミスの金利引き下げは意味があるか?という点ですが、我々消費者にとってはあまり意味がないように思います。

そもそも最低金利が適用される時って、そのキャッシング会社の限度額MAXの借入と、長期の返済実績をもとに成り立つものですから、10万、20万、30万、、、例え100万円プロミスから融資を受けていたとしても、金利6.3%が適用されることはそうないでしょう。

 

となると各社、金利を0.3%まで引き下げました!なんて大っぴらに宣伝しても良いような気がするのですが、きっと何か決まりがあるのでしょうね。(知っている方教えて下さい)

という訳で、プロミスの金利引き下げは適用される機会がなさそうなので、あまり意味はありませんが、消費者の目をひくという意味ではかなり魅力的な数字だと思います。

 

東北関東大震災以降も意欲的な改革をプロミス。低金利の現実味は置いておいたとしても、頼りになる消費者金融と言えるでしょう。