レディースキャッシングって何が違うの?

キャッシングの広告を見ていると
『レディースキャッシング』という表記をよく見かけますが、
一般のキャッシングと比べて何が違うのでしょうか?

 

一般のキャッシングと比べ、そんなに違いはなさそうですが、
完全に女性スタッフが対応するという事、女性の為のコーナーでは
仕切りで周りから見えないようになどの配慮がされているようです。

女性の方にも安心して利用してもらうための
サービスという事ですね。
 

利用する人が増えてきたとはいえ、
まだまだ女性には近寄り難いイメージの消費者金融。

借りたいけど迷ってる女性の方は
レディースキャッシングのサービスを実施している所を
選んでみるのも良いかもしれません。

 

レディースキャッシングでも、
一般向けのものとまったく同じ条件ですので、
金利・手数料、無利息。

全て同等のサービスが受けられます。
レディースだから審査が不利になる。
なんて事もないので安心して下さいね。

福袋購入の資金調達に使えるサービス

元旦の風物詩と言えば福袋。

業者が買い占めて転売するほどの人気商品ですが、

最近は福袋が年明け前に予約購入できるブランドも少なくないようです。

 

そうすると、今度は予約で買い占めて年明けてから転売する輩が出て来る・・・

なので、福袋の予約がスタートしたら出来るだけ早く購入しておきたい所ですが、

年末は忘年会やクリスマスなどのイベントが多く、金欠気味女性も少なくないはず。

 

そんな時は、思い切ってプロミスやレイクのレディースローンを利用するのがオススメです。

プロミスもレイクも30日間無利息を実施しているし、

女性専用のローンなので、プライバシー保護もしっかりしているので安心便利^^

 

来月の給料日に全額返済してしまえば利息は0円なので、

リスクも行列もなく、年額のブランド商品が激安価格でゲットできます。

どうしてもの時は、優良金融機関を頼るのも手ですね^^

 

 

 

 

初めてのレディースローンならレイクがおすすめ!

初めてのレディースローンならレイクがオススメです。

 

なぜ初めてのレディースローンでレイクがオススメなのかというと、

まず第一に無利息期間が選べる!という点です。

レイクは30日間と180日間の無利息期間を選べる、業界唯一の選択式無利息を導入しているレディースローンです。

 

無利息期間が選べる。ということは、自分の借入予定額、返済予定期間によって、

お得になる無利息期間を自由に選ぶ事が可能ということです。

 

初めてレディースローンを利用するなら、無利息期間のあるカードローンを利用した方が絶対お得です。

さらにレイクは主婦の方でもレディースローンの利用が可能なので、ばりばり働いているキャリアウーマンでなくても、

審査に通れば融資を受ける事ができます。

 

貸付条件の敷居が低いのもレイクが初めてのレディースローンに向いている理由です。

無利息期間のあるレディースローンって?

無利息期間のあるレディースローンを一覧にまとめました。

・プロミスレディースローン
金利:6.3%~17.8%
限度額:1~300万円
対象年齢:69歳以下
無利息期間:初回30日間無利息

・レイクレディースローン
金利:9.0%~18.0%
限度額1~200万円
対象年齢:70歳以下
無利息期間:初回30日間無利息
5万円まで180日間無利息

・ノーローンレディース
金利:9.5%~18.0%
限度額:1~300万円
対象年齢:69歳以下
無利息期間:なんどでも1週間無利息

・レディースフタバ
金利:15.0%~18.0%
限度額:10~50万円
無利息期間:初回30日間無利息

 

現在、無利息期間のあるレディースローンは上記のような4社があります。
どのレディースローンも似ているようですが、みな少しづつ違います。

無利息期間が違っていたり、限度額が違っていたり、金利が違っていたり。
貸付条件も対象年齢が微妙に違いますが、「安定した定期収入がある方」という点では一致しています。

主婦を対象としたレディースキャッシングで、旦那の収入証明で借入ができる銀行カードローンが多々ありますが、
無利息期間のあるレディースローンではそれは不可です。

 

借りる本人がアルバイトなりパートなり、派遣社員なりで働いていて、安定した収入を得ている必要があります。

注意しましょう!

レイクとレイクレディースローンは違うの?

レイクとレイクレディースローンは違いがあるのでしょうか?

答えはNO!です。

 

もちろん、申込み時の名称はレディースローンが付いているので違っていますが、

レイクの内容とまったく違いがありません。

 

現在レイクで行っている、初回30日間無利息のキャンペーンも、

初回180日間5万円まで無利息のキャンペーンもどちらでも受けられます。

 

 

じゃあ何が違うのか?というと、

窓口のスタッフが女性かどうかです。

恐らく部署としては同じビル内に設置されていて、女性専用ダイヤルの場合は

女性スタッフにしか着信しない仕組みで運営されていると思います。

 

レイクレディースローンに申込んだ方が、レイクで審査に申込むより審査の確率があがるか?

という疑問点が浮かびますが、こちらも答えはNOです。

 

 

申込み窓口と審査の部署はまったく別部署になりますので、

審査に廻った段階で男性も女性も区別なく審査にかけられます。

もちろん職業が違えば審査基準も変わってきますから、女性特有の職業で審査が有利に運ぶことは考えられます。

 

レイクのレディースローンはあくまで、女性スタッフに「相談」したい方が利用する窓口と考えた方が良いかもしれません。

今、消費者金融は女性の利用者が急増していますから、女性が申し込みやすいようにという配慮も含まれていますね。

 

HPも女性向けになっているので、女性はやはりレイクのレディースローンから申込むのがオススメです。

 

通常のレイクは山田優が男性の申し込み力を上げていますね。

レイクのメンズローンはこちら♪

 

主婦はレディースローンの方が審査に通る?

主婦はレディースローンの方が審査に通りやすいか?

というような質問をよく受けるのですが、結論から申し上げると答えはNOです。

 

レディースローンの方が主婦の審査が通りやすいという事はありません。

なぜなら、通常のカードローンも、女性専用であるレディースローンも貸付条件、金利、限度額など。

一切変わらない場合がほとんどだからです。

 

 

レディースローンは、電話や窓口で対応してくれるのが女性というだけで、

その他の条件はメンズローンと何も変わりはありません。

 

もし主婦や、女性ということを武器にカードローンの審査通過を狙うのであれば、

女性専用のカードローンに審査申し込みをするのがオススメです。

 

女性専用のカードローンのなかでも口コミ評価で人気が高いのはレディースフタバです。

無利息期間がないので、プロミスやレイクと比べるとお得感は下がりますが、女性専用なので安心して申込めるカードローンです。

主婦での審査に通るキャッシングとは?

主婦でも審査に通るキャッシングは、夫(配偶者)の代理で申込むキャッシングです。

つまり、代表的なのは銀行カードローン。専業主婦の方が通常のキャッシングカードローンの審査に通ることは難しい。

 

しかし、パートやアルバイトをしていて定期的な収入のある主婦の方は話が別です。

定期的な収入のある専業でない主婦の方なら、プロミスやレイクと言った消費者金融が味方をしてくれます。

 

審査というのは、その人に返済能力があるかどうか判断する業務なので、審査に通らないからといって闇金などに走るのは絶対にやめましょう。

最近では闇金自体が法規制のため営業できない状態ですが、相変わらず電信柱や電話BOXに「担保・保証人不要」といった闇金の広告が散見されています。

主婦でもパートやアルバイトで定期的な収入があれば審査に通る可能性があるので、専業主婦の方はまず働きに出ることから始めましょう。

 

それも難しいようなら、夫や家族に相談。誰にも相談できないのであれば、大手消費者金融や銀行カードローンに相談が一番良いです。

最近はレディースキャッシングといって、女性専用のキャッシング窓口があるので親身になって相談に乗ってくれますし、女性相手だから安心して頼れる。と主婦の方たちの間でも口コミ評判が良いです。

 

ただ一つ注意して頂きたいのが、審査に通る確率をあげようとして、複数のレディースキャッシングに申込むのは大変危険です。

審査を実施すると、各キャッシング業者が共通で利用している信用情報機関にあなたの履歴がついてしまい、多重債務の危険があるとされ審査に落ちてしまうケースがあるからです。

 

審査に申込む時は、1~2社に搾って申込むようにしましょう。

オススメは、無利息期間もある、プロミスレイクのレディースローンです。

 

判断に迷うときは、くらべる君という一括無料審査サービスがあるので、利用してみると良いと思います。
こちらは匿名で複数のキャッシング会社の仮審査を受けられるので、どのカードローンなら主婦でも審査に通るから試す事が可能です。



※もちろん、無料サービスです

 

女性専用キャッシングの裏事情

 日本のキャッシング男女比率って7:3で女性の方が多いってご存知でした?

 私もこの結果にはびっくりしましたが、これを聞いて女性専用キャッシングのレディースローンが最近どの消費者金融でもプッシュしている事に納得できました。

 レディースキャッシングといっても、電話窓口に女性を配置しおけばよいだけの事ですし、もともとプロミスやレイクの店頭に女性が申し込みに来ることはほとんどありません。

 最近は、どの女性も携帯やPCからの申込みか、無人契約機を利用します。

 だから消費者金融側のコストは、ほぼ0。コストがかからないのに、顧客拡大の可能性が大いに見込めるのですから、どのキャッシング会社でもこぞってレディースローンを取り入れるのに頷けますよね。

 
 もともと女性は男性より強い!なんて最近、島田紳介さんも言っていますが、その女性が男性からお金を借りるとなると何か弱みを握られたみたいで嫌でしょうし、家までつけられて脅されたらどうしよう。。。

 なんて妄想も女性はしてしまいかねません。

 その点、女性担当がついてくれれば安心して借金の相談ができますし、融資を受ける際も対等な立場で向き合えますよね。

 女性専用キャッシングのレディースローンが発展してきている背景には、消費者金融の利益向上だけでなく、女性心理をも考慮した裏事情が隠されていたようです。