アコムはおまとめローンが可能?

アコムには「貸金業法に基づく借換え専用ローン」というおまとめローン専用のプランがあります。

 

貸金業法に基づく。と付いてるちょっとややこしいですが、

言い換えると、「総量規制にひっかかる人でも利用できる」借換え専用ローン。

という意味になります。

 

総量規制は、年収の3分の1以上の借入ができませんが、

借り手に有利になる融資なら、貸してもOK。という例外措置がされています。

(詳しくは総量規制対とはにて)

 

なので、審査さえ通ればアコムでおまとめローンの利用が可能です。

アコムでは借換えと言っていますが、要は今までの借金をアコムで借換えてまとめる。という意味になります。

 

アコムは無利息キャンペーンがないので、借金をまとめる融資力で勝負に出るようですね。

アコムの審査シュミレーションはくらべる君が便利です。


借り換え・おまとめが可能な消費者金融はどこ?

最近は消費者金融も銀行カードローンなみに金利が下がってきていて、

借り換え目的や、おまとめローン利用の為に消費者金融を利用する人も急増しています。

 

銀行カードローンよりは高めの金利ですが、審査にに通らない為に消費者金融を選択する!

という方も多いようです。

 

 

消費者金融側も、総量規制の煽りをうけて、借り換え専用プランや、おまとめローンを打ち出して顧客獲得に意欲的です。

借り換え専用プランがあるのはアコム

おまとめ専用プランがあるのはプロミス

専用プランはないけど人気なのがモビットです。

 

ちなみに、借り換えとおまとめローンの違いは特にありません。

モビットは専用プランこそ打ち出していないものの、金利の低さと限度額の高さで借金をまとめたいと考えている人からの問い合わせが多いようです。

 

借手が有利になる融資であれば、総量規制の範囲を超えていても貸付が可能なので、

銀行カードローンの審査に通りづらい場合は、消費者金融のおまとめローンに希望をつないでみるのが良いと思います。

 

アコムって借り換えもできるの?

総量規制の対策としてアコムが打ち出したのは、無利息キャンペーンではなく借り換えプランでした。

「貸金業法に基づく」借り換え専用ローン。

 

借り換えというと、複数社への借金をまとめる、おまとめローンのイメージが強いですが、

総量規制が施行され、既に年収の3分の1以上の借金がある人にも有効です。

 

年収の3分の1以上、他社から借り入れがあると銀行カードローンで無い限り、もうどこからも借りれない状態。

しかもそんな状態では、銀行も貸してくれない可能性が高い。

そんな時でも頼りになるのがアコムです。

 

年収3分の1以上の借金をアコムでそっくり借りかえる事によって、

金利を下げ返済をしやすくすることができます。

 

 

「貸金業法に基づく」っていうのは、「借手が有利になる場合」と置き換える事ができるので、

金利が下がって、借金が楽になる必要が絶対条件として存在します。

あとは、アコムの審査に通る用祈るだけですね。

総量規制の抜け穴

消費者金融の難敵として立ちはだかった総量規制ですが、抜け穴があるのはご存知でしょうか?

 

まず、総量規制の対象になるのはプロミス、レイク、ノーローン、アコム、モビットといった消費者金融です。

つまり、楽天銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローンなどは銀行カードローンなので対象になりません。

 

しかし、銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しく、消費者金融へ顧客が流れて行くので、やはり融資が行えない。

という負のスパイラルが起ってしまいます。

 

ここで考えたのが、プロミスやモビットといった大手消費者金融です。

総量規制の抜け穴はもう1つあって、借り手が一方的に有利になる貸付であれば、年収の3分の1以上でも貸してよい。

としています。

これはつまり、俗に言うおまとめローン。というやつですね。

 

借金をまとめて、金利が安くなる。つまり借り手に有利になるので、

総量規制の規制がかかってしまう消費者金融でも年収の3分の1以上貸付ができてしまう。

という総量規制の嬉しい抜け穴です。

 

お金がどうしても借りれなくて困っているなら、プロミスモビットに一度相談してみましょう。

ノーローンはおまとめローン可能?

ノーローンでもおまとめローンはもちろん可能です。

 

ただ、ノーローンにはおまとめローンというプランがないので、

自分のなかでおまとめローン用に利用するしかありません。

つまり、総量規制が適用になってしまうという事です。

 

プロミスには、総量規制の例外を利用したおまとめローン。

ということで、おまとめローン専用のプランがありますが、ノーローンにはありません。

 

なので、結論を申し上げると、ノーローンでもおまとめローン利用は可能ですが、

ノーローンはおまとめローンにはあまり向いていません。

 

ノーローンの魅力は、やはりなんどでも1週間無利息で、無利息期間を毎月利用するような小口融資なので、

ノーローンの利用を考えるなら小口融資。

 

おまとめローンの利用を考えるならプロミスや、他の銀行カードローンなどが良いでしょう。

 

プロミスの自営者ローン、目的ローンどっちが良い?

プロミスと言えば、消費者金融。

お金を利息を払って借りるところ。というイメージですが、プロミスのカードローンにも種類があります。

 

一般的なものはフリーキャッシング。

さらに、おまとめローン、自営者ローン、目的ローン。と

全部で4種類のカードローンがあります。

 

おまとめローンは、他社からの借入をプロミスでまとめるためのローン。

自営者ローンは、自営業者のためのローン。

目的ローンは、ある目的のためだけに借りるカードローンです。

 

自営者ローンと目的ローン、どちらが良いか?というと、

応えはずばり目的ローン!なぜなら金利が低いんです。

 

 

まず自営者ローンから見て見ましょう!

自営者ローンと言っても、事業性資金でないといけない訳ではありません。

自営業者の方なら、フリーキャッシングと同じ様に自由な用途でプロミスからお金を借りる事が可能です。

もちろん要審査!

 

 

そして、目的ローン。

これは、例えば学費とか、旅行とか、結婚式とかある目的の為に借りるローンです。

生活費。という目的も立派なお金を借りる理由になりますから、そこはプロミスに相談してみましょう。

 

実は、この目的ローン。プロミスのほかのプランより金利がお得です。

理由は、返済が口座引落のみだからなんです。

 

もしお金の使用用途が決まっていて、毎月引落で問題ないのであれば、

金利が低い目的ローンが、プロミスの中では一番オススメです。

プロミス詳細

モビットおまとめ利用での口コミ評価

モビットでおまとめローン目的で利用された方の口コミ評価は最近評判が良いです。

モビットにおまとめローンという商品はありませんが、最近金利の引き下げに伴い、おまとめローン用にモビットを利用する人が急増しているようです。

 

4.8%~18.0%と、消費者金融の中では異例の低金利適用ですが、

正直通常のカードローン利用者にはほとんと意味のない低金利だという裏評判が中心でした。

 

しかし、この4.8%のモビット低金利はおまとめローンの口コミ評価になると

まったく評価が変わってきます。

 

モビットは三菱東京UFJ銀行系列のおまとめローンなので信頼性も高く、

消費者金融なのに限度額が500万円と高いのも安定感がありオススメポイントです。

 

楽天銀行カードローンより、都市銀派の消費者に口コミで人気が高く、

三菱東京UFJ銀行カードローンより審査も通りやすいとモビットにおまとめローン目当てで流れてくる人が多数います。

 

モビット自体も、大人のカードローンとしておまとめローンという商品ではありませんが、

顧客を確保するべく必死に動いているので、今非常に借りやすい時期と言えそうです。

 

おまとめローンを考えているならモビットも選択肢に入れておくとぐっと幅が広がるでしょう。

安心便利なモビット

楽天銀行カードローンの裏評判

楽天銀行カードローンの裏評判を紹介します。

楽天銀行カードローンがなぜ、年収300万円以上という貸付条件を設けているかというと、楽天銀行カードローンは中高年の味方だからです。

 

楽天銀行カードローンは最近、主婦専用のカードローンを始めましたが、学生やアルバイト、派遣、新卒社員は貸付対象としていません。

 

その代わり、年収300万円以上の貸付条件をみたす対象者には審査が甘いと裏では評判です。

このことから、楽天銀行カードローンは中高年の味方と言えるでしょう。

 

今は金利半額キャンペーンを実施していないようですが、4.9%~14.5%の低金利は相変わらずトップクラスですし、

楽天銀行を利用されている方にはやはり便利なカードローンだと思います。

 

 

世の中不景気ですが、携帯会社とカードローンは新規顧客の開拓に必死ですから、

楽天銀行カードローンの貸付条件を満たしていて、銀行カードローンをお探しなら狙い目だと思います。

 

おまとめローンにも楽天銀行カードローンは評判が高いですしね。

ネット銀行カードローンならではの柔軟対応が裏評判からも期待できそうです。

 

共済クレジットの悪い裏評判

当サイト、「カードローンの審査口コミ・裏評判」でも、5社以上借り入れがあっても申込OKなおまとめローンとして紹介していた共済クレジットですが、悪い裏評判を耳にしたので紹介します。

 

共済クレジットは、確かに申込の段階では他社で借り入れがあっても融資OK!と審査結果を伝え、東京都の錦糸町にある店舗へと誘導されるそうです。

 

しかし、ここで実際に融資をされるのではなく、

  1. 保証人を立てさせられる。
  2. 債務整理を進められる。
  3. 別の消費者金融を紹介される。

 

の3パターンの対応をされるとの事でした。

つまり、申込時に審査通過で融資可能としておきなが、実際には融資が行われる事はないという口コミがあったのです。

 

確かに共済クレジットで口コミを検索しますと、実際に融資を受けたという口コミもありますが、悪い裏評判の方が目立ちます。

債務整理をしないために、多重債務でおまとめローンに申し込んだなのに、債務整理を強要されたら本末転倒です。

 

他社を紹介される場合も、融資が行われたら紹介手数料を5%払うようにと言われるそうです。

なので、共済クレジットには申し込まれないようにお願いします。

 

 

もし、同じ消費者金融で優良のおまとめローンをお探しなら、プロミスがオススメです。

こちらは大手ですし、審査に落ちる事はあっても個人情報などが悪用される事はありませんので、安心して利用が可能です。

 

他社借入5件でもOKなカードローン

他社からの借入が5件以上あっても審査が通るカードローンと言えば、共済クレジットが有名です。

 

共済クレジットは通常のカードローンは、18.0%~20.0%と決して低金利とは言えない金利条件ですが、

借換えのおまとめローンが強い!

限度額は100万円~500万円ですし、金利も7.3%~15.0%なので申し分ないレベルです。

 

なにより、他社からの借入が5件以上でも安心して申込み相談できるのが嬉しい。

最近、プロミスやアコム、モビットといった大手消費者金融がおまとめローンを始めましたが、やはり借りられなければ意味がないんです!

 

その点共済クレジットは安心です。

共済クレジットのデメリットである来店融資は、別の角度からみるとメリットだったりもします。

 

共済クレジットは融資を受ける為に来店する必要があるため、遠方の人は申込みすら難しい状況。

つまりライバルが少ないのです!

 

プロミスやアコムと比べれば、申込者数は10分の1以下でしょう。

こんな好条件の揃った共済クレジット。

 

少しくらい遠くても来店する価値はありそうです。

もし他社からの借入が5件以上で、多重債務で悩んでいるなら検討してみて下さい。

 

共済クレジット申込み