カードローンの審査口コミ・裏評判 > 審査 > サラリーマンのキャッシング審査は厳しい?

サラリーマンのキャッシング審査は厳しい?

最近のキャッシングでは主婦でも審査OK、アルバイト・パート可を売りにしているカードローンが多いですが、キャッシングは元々サラリーマンの為のサービスでした。

キャッシングがサラ金と呼ばれるのも、サラリーマン金融という言葉から派生したものです。

 

日本の社会では、サラリーマンの信用力はとても高く、審査の厳しさは給与年収、勤続年数に比例して伸びていきます。

キャッシングの審査では、他社での借入や多重債務より、勤続年数が強い影響力を持つことも少なくありません。

 

逆に、キャバ嬢やホスト、などいくら給料がよくても、勤続年数の少ない。もしくはすぐに辞めてしまう可能性のある職業に対しては審査が厳しくなる可能性があります。

サラリーマンの場合は、勤続年数+大手企業に勤めている方ならば、審査はより甘くなるでしょう。

 

日本人がブランドに弱いのはなにも女性だけではありません。キャッシングの審査部署でも企業名や、ポスト肩書きに弱いのです。

不景気の煽りを受けて倒産する中小企業、大企業が目立ちますが、サラリーマンなら自信を持ってキャッシング審査に挑みましょう。

 

出来るだけ有利に融資を受けられるキャッシング会社を厳選して審査に申込む事をオススメします。

 

<大手企業のサラリーマンが審査に通りやすいキャッシング>

三菱東京UFJ銀行カードローン / 楽天銀行スーパーローン / プロミス / 住信SBIネット銀行カードローン / オリックスVIPローンカード / モビット / アイフル

 

<中小企業のサラリーマンが審査に通りやすいキャッシング>

楽天銀行スーパーローン / プロミス / 住信SBIネット銀行カードローン / ノーローン / アコム / レイク

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。