三菱東京UFJ銀行が奨学金を給付

 三菱東京UFJ銀行が、小中高生を対象に最大12年間、年間24万円の奨学金給付を実施するそうです。

 これは、三菱東京UFJ銀行と公益社団法人のユネスコが共同で設立した「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金」によるもので、震災被害に遭ってしまった小中高生を対象に、金銭的にも精神的にもサポートしていこうという取り組みの一環です。

 奨学金対象者の選定方法などの詳細はまだ不明ですが、今年の4月分から給付されるそうなので、被災されてしまった方は是非MUFG/ユネスコの育英基金に問い合わせてみて下さい。ありがたい事に、奨学金を返還する必要はありません。

 金銭面だけでなく、花壇の整備やサッカー大会などを企画し、中長期的な復興支援活動をして行くそうです。

 震災被害に遭われた方に、何をしたらいいか分からない。自分に出来る事は自分のすべきことを一生懸命すると結論づけてしまう我々個人ですが、こうした中長期的な取り組みを企業同士が方を組み合って行っていくというのはとても素敵な事ですね。

「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金」
奨学金プログラム詳細

(1)東日本大震災により遺児・孤児となった小学生・中学生・高校生を対象に、長期的な生活と勉学の
支援を目的とした奨学金制度を創設いたします。

(2)開始時に一時金として10 万円を給付し、小学校・中学校・高校の在学期間中に月額2 万円(年間
24 万円)を給付します。本奨学金は返還する必要はありません。
期間は最長平成23 年4 月現在の小学校1 年生が高校を卒業するまでの12 年間で、平成35 年3 月までとします。

(3)給付は本年4 月分からとし、本年9 月末までに開始する予定です。

◆「MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金」についてのお問い合わせ先
03-5424-1121
公益社団法人日本ユネスコ協会連盟
『MUFG・ユネスコ協会 東日本大震災復興育英基金担当』

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。