アコムの30日間無利息再開はあるのか??


アコムの30日間無利息キャンペーン。
あっという間に終わってしまいましたね。

アコム無利息再開
↑すっかり『無利息』の表記がなくなりました。

 

「アコムの無利息キャンペーンが再開されないのか?」
とアコムの利用を考えている人は思っているでしょうが、
再開される可能性は十分にあると思います。

恐らく、いまアコムで実験している段階なので、
無利息キャンペーンを実施した方が、利益があがるなら
間違いなく再開するはずです。

そして、30日無利息キャンペーンが終了した後の
利益率が高いようなら、再開後もまた休止するでしょう。

要は、儲かる方法を取る。
という事ですね。

 

今は当たり前になっている、
レイク、ノーローン、プロミスの無利息サービスも、

最初はキャンペーンということで、
期間を区切って行われていました。

ノーローンでも30日無利息を実施していたり、
レイクではまったく別のタイプの無利息サービスを展開したり。

と、今の状態に行きつくには
かなり試行錯誤があったように思われます。

 

プロミスの金利が新しくなったように、
今後も無利息サービスが見直される可能性は十分にありますが、
完全になくなってしまう事はもうないでしょう。

アコムの無利息サービスが再開されるのを待つのも良いと思いますが、
もしプロミスやレイクをまだ利用されていないのであれば、
そちらを利用した方が賢明です。

その理由は、
まず待つ必要がない。
そして、アコムよりもサービスや金利が優れているから。
です。

 

レイクには、半年間無利息になるサービスがあるし、
プロミスには、17.8%の低い上限金利があります。

プロミスの無利息サービスを受けるには、
ポイントサービス会員になる必要がありますが、
これは無料ですし、ポイントでまた無利息期間と還元できるので、
入らないほうがむしろ損をしてしまいます。

 

今はプロミスかレイクを利用しておいて、
アコムの無利息が再開されたら、
その時にアコムを使う。

出来る限り、使える無利息期間を最大限に活用する。
のが、うまいやり方です。

アコムが借換えで超低金利化!

消費者金融の大手アコムが
貸金業法に基づく借換え専用ローンの提供開始と共に、

金利の超低金利化を発表しました。
なんと最低金利4.7%

低金利で有名な銀行カードローン、
楽天銀行カードローンやみずほ銀行カードローンよりも
低い金利設定です。

大手カードローンの低金利一覧は、
低金利比較ランキングを参考にして下さい。

無利息期間のないアコムですが、
知名度と信頼でユーザーの人気を勝ち取っており、

これからは借換え専用が強い武器になりそうです。

iPhone、android対応の
スマホ専用アプリも導入しており、

PCでも携帯でもスマホでも借入れ可能な、
ユーザビリティに優れたカードローンへと進化しています。

 

アコムはおまとめローンが可能?

アコムには「貸金業法に基づく借換え専用ローン」というおまとめローン専用のプランがあります。

 

貸金業法に基づく。と付いてるちょっとややこしいですが、

言い換えると、「総量規制にひっかかる人でも利用できる」借換え専用ローン。

という意味になります。

 

総量規制は、年収の3分の1以上の借入ができませんが、

借り手に有利になる融資なら、貸してもOK。という例外措置がされています。

(詳しくは総量規制対とはにて)

 

なので、審査さえ通ればアコムでおまとめローンの利用が可能です。

アコムでは借換えと言っていますが、要は今までの借金をアコムで借換えてまとめる。という意味になります。

 

アコムは無利息キャンペーンがないので、借金をまとめる融資力で勝負に出るようですね。

アコムの審査シュミレーションはくらべる君が便利です。


借り換え・おまとめが可能な消費者金融はどこ?

最近は消費者金融も銀行カードローンなみに金利が下がってきていて、

借り換え目的や、おまとめローン利用の為に消費者金融を利用する人も急増しています。

 

銀行カードローンよりは高めの金利ですが、審査にに通らない為に消費者金融を選択する!

という方も多いようです。

 

 

消費者金融側も、総量規制の煽りをうけて、借り換え専用プランや、おまとめローンを打ち出して顧客獲得に意欲的です。

借り換え専用プランがあるのはアコム

おまとめ専用プランがあるのはプロミス

専用プランはないけど人気なのがモビットです。

 

ちなみに、借り換えとおまとめローンの違いは特にありません。

モビットは専用プランこそ打ち出していないものの、金利の低さと限度額の高さで借金をまとめたいと考えている人からの問い合わせが多いようです。

 

借手が有利になる融資であれば、総量規制の範囲を超えていても貸付が可能なので、

銀行カードローンの審査に通りづらい場合は、消費者金融のおまとめローンに希望をつないでみるのが良いと思います。

 

アコムって借り換えもできるの?

総量規制の対策としてアコムが打ち出したのは、無利息キャンペーンではなく借り換えプランでした。

「貸金業法に基づく」借り換え専用ローン。

 

借り換えというと、複数社への借金をまとめる、おまとめローンのイメージが強いですが、

総量規制が施行され、既に年収の3分の1以上の借金がある人にも有効です。

 

年収の3分の1以上、他社から借り入れがあると銀行カードローンで無い限り、もうどこからも借りれない状態。

しかもそんな状態では、銀行も貸してくれない可能性が高い。

そんな時でも頼りになるのがアコムです。

 

年収3分の1以上の借金をアコムでそっくり借りかえる事によって、

金利を下げ返済をしやすくすることができます。

 

 

「貸金業法に基づく」っていうのは、「借手が有利になる場合」と置き換える事ができるので、

金利が下がって、借金が楽になる必要が絶対条件として存在します。

あとは、アコムの審査に通る用祈るだけですね。

とにかく急いでいる!すぐに借りたい!

とにかく急いでいる!すぐにお金を借りたいのであれば、

アコムのインターネット申込がオススメです。

 

アコムでインターネットから申込めば、

最短30分で審査連絡が入り、

審査OKならそのままアコム店頭かむじんくんの利用で即日融資が可能です。

 

 

また、店頭やむじんくんを探している余裕がない!

という人は、アコムの新規振込サービスを利用しましょう。

新規の方でも指定口座にお金を振込んでくれる大変使えるサービスです。

 

アコムの新規振込サービスは時間制限が早く、

審査完了後の平日14時までに本人確認書類をアコムへFAX完了している必要があります。

 

平日午後2時までに審査完了と本人確認書類の確認が済んでいれば当日中に

アコムから指定口座に入金をしてもらう事が可能です。

 

最近、消費者金融では即日融資をうりにしなくなってきているので、

とにかく急いでいる!すぐに借りたい!という時はアコムに相談がいいかもしれません。

 

 

 

アコムに無利息キャンペーンはない?

プロミス、ノーローンといった、大手カードローンで無利息期間というのが一般的になってきているので、アコムにも無利息期間がないのか?とコメントを寄せて下さる方がいますが、残念ながらアコムには無利息期間はありません。

 

さらに言うと、アコムの金利は7.7%~18.0%なので、特に低金利という訳でもなく他社と比較しても勝っている所が1つもないという状況です。

 

しかし、アコムはいまだに借入者数はNo.1で、消費者金融と言えば?キャシングといえば? アコム。と即回答が出るほど人気です。

 

そんなアコムの売りは、三菱東京UFJ銀行グループと密な繋がりをもった豊富な資金力と、CMでタモリさんが出演するほどの知名度でしょう。

携帯電話の事業社で言うと、ちょうどドコモのようですね。通話料も端末代金も高いのに、エリアの広さと、ブランド力。それこそ知名度によって、顧客数No.1をいまでも維持しています。

 

しかし、大御所アコムにも最近動きが見られ、貸金業法に基づく借り換え専用ローンという新たなプランが登場しています。

これは総量規制の例外をついた、消費者金融起死回生の特別プランで、借りる方の有利に働く貸付であれば、総量規制の年収3分の1を超える融資を行っても良いというもの。

 

さすが豊富な資金力のある、アコムが繰り出すプランですね!銀行カードローンではおまとめローン、借り換えローンが難しい消費者の方も、消費者金融のアコムであれば、借り換えのチャンスがあるかもしれません。

 

銀行カードローンほどは金利が下がらない可能性が高いですが、借金をまとめられれば確実に金利が下がるでしょう。

 

無利息キャンペーンのないアコムですが、今は見直的な借り換え専用ローンというものがあります。

もし多重債務で悩んでいるのであれば、いちど申込みを検討してみてもよろしいかと思います。

アコムにも借換え専用ローン登場!

プロミスに引き続き、アコムでも借換え専用ローンプランが登場しました!

 

借換えとは、他社から借りている借金を、アコムで借り直すことを言います。

つまり、アコムで借換えローンの契約が決まると、あなたの変わりにアコムが他社に一括返済を行い、後はアコム1社にじっくり返済していくという、素晴らしいプランです。

 

融資限度額の300万円、適用金利の7.7%~18.0%という条件は変わっていませんが、総量規制にはひっかかりません。

年収の3分の1以上の借入はできないと、総量規制で義務づけられていますが、借り手が有利になる借入は総量規制の例外措置として許容されています。

 

総量規制による顧客離れ打開策として、プロミスに続きアコムも借換え、おまとめローンを推進していく方針のようですね。

借金返済が1社になり、金利も下がれば毎月の返済額が減るので助かります。

 

いっぺんに返してしまった方が、利息が少ないので結果的には安くすみますが、毎月の返済額が減った方が家計が楽になりゆとりのある生活が送れるでしょうね。

他社からの借入が数件あって、銀行カードローンのおまとめローンが厳しいようなら、アコムやプロミスといった消費者金融の借換え、おまとめローンを検討する価値は充分あります。