キャッシングってどこで借りたらいいの?

お金を借りたいけど、どこで借りたらいいのか分からない。

 

いざ、借りようと思っても、たくさんの金融会社があって
どこに決めたらいいのか迷いますよね。

まず、怪しくない安心できるところを選ぶのは当然ですが、
借りる人の状況によって、オススメの金融機関は変わってきます。

 
審査にある程度時間がかかってもいいのなら
銀行系のキャッシングがオススメです。

通常の消費者金融に比べて金利が低いので、
ある程度、長期の返済になると、かなり金額に差がでます。

 

もし、すぐにお金が必要な場合は
プロミスやノーローンなどの大手消費者金融がいいですね。

審査から融資までのスピードが速く、
最短、即日融資というのが魅力です。

 
各社いろいろなサービスを展開してるので、
申し込む前にお得なサービスやキャンペーンがないか
調べてみるといいかもしれませんね。
 

あと、短期間に申し込みをしすぎると
延滞とかがなくても審査に通らなくなるので、
同時に申し込む場合は2社くらいに抑えて
短期間に申し込みをしすぎないようにしましょう。
 

審査に通るローンと審査に通らないローン


消費者金融の審査は
会社によって違うようで
たとえ過去に延滞などなくても
通る会社と通らない会社があるようです。

では、なぜそんなに違うのか?

最近ではインターネットを使うことで
店舗に足を運ぶ事なく
契約が出来るようになりました。

その場合、ネット上で記入した
情報のみで判断するので、
相手側の受け取り方によって
断られたりすることもあるようです。

以前、転職をした時のことなのですが、
どうしても最初の給料日までの生活費がなくて、
カードを作ろうとしたのですが断られました。

理由を聞くと、入社したばかりで
働いてる期間が短いからとのこと。

なので、転職を考えてる場合は、もしもの時の事を考えて
事前にカードを作っておくのがいいかもしれません。

 

もちろん、返済するあてがなく借りるのはダメですが、
次の仕事さえ決まっていれば、いざという時の保険になります。

一度、断られた場合でも、店舗や電話で事情を話せば
融資を受けられる可能性もあるので、

『返済に問題はないけど、断られた』

『仕事を始めて間もない』

そんな時は直接、相談をしてみるといいかもしれません。

 

あと、ここだけの話ですが、、、

在籍確認の際には、勤務期間を確認する事はないので、
長めに申告しておくのも一つの手段として覚えておくと良いでしょう^^

審査時の本人確認電話対策方法!


消費者金融でカードを作った時に困るのが、
職場への在籍確認です。

一応、消費者金融とバレないように
個人を装ってかけてくれるのですが、
普段、個人あてに電話がかかってこないような会社だと
怪しまれたりします^^;

 

先週、自分で本人確認の電話に出てしまうのも手だ。
と記事に書きましたが、

自分で電話に出れないようなテレアポの会社なんかだと、
周りから同じような内容が聞こえてくるので
人によっては消費者金融と気付く人もいるようです。

 

そんな時は予防線として、

『クレジットカードを頼んだから
 電話がかかってくるかもしれない』

と伝えておきましょう。

クレジットカード会社も
消費者金融も確認の方法は変わらないので、
クレジットカードと言っておく事で
職場の人にも怪しまれる事はなくなります。

 

私の勤めてる会社の場合、
個人に電話がかかってくる事はほぼ、ないので
事前にこのように伝えておく事で、
怪しまれる事はありませんでした。

 

かなり一般化したとはいえ、
消費者金融というと、まだまだ誤解だったり、
偏見を持ってる人も多いですからね^^;

まぁ、今はいざという時に、
キャッシング利用できるカードを持っている方が
独立した大人として立派だと思いますけど(笑)

 

念のため、「クレカの本人確認電話が来るから宜しくぅ~」
と伝えておけば、変な噂をされるのを防ぐ事ができますよ^^

在籍確認の内容ってどんな?


カード契約時にかかってくる確認電話。

職場にかかってくるという事で、
不安に感じてる人もいるのではないでしょうか?

『会社にかけてきて何を言われるんだろう』

『職場の人に変な噂をされないだろうか』

初めて借りる時には不安が付きまといますよね。

私もそうだったのですが、その点は心配いりません。

 

確認電話には在籍確認と本人確認がありますが
通常、職場への在籍確認は個人名で行われます。

『アコムの竹田です』ではなく、
『竹田と申しますが、○○さんいらっしゃいますか?』
といった感じでかかってきます。

 

もしくは、時間を指定して
自分で電話に出てしまう事もできます。

カードローン会社としては、
携帯ではなく、固定電話で確認をする。

という事にも意味があるので、
自分で電話に出る方法もアリです。

 

大手のしっかりした会社だと
個人情報の取り扱いはしっかりとしてるので
周りに知られるような事はまず、ありません。

ただ、電話BOXなどに携帯番号だけ載せてるような、
いかにも闇金のような会社はこの限りではありません。

プロミスやアコムなどの大手を
選ぶようにしたほうがいいですね。

 

ちなみに本人確認は窓口や契約機の段階で
確認されている事が多いので、
2度、3度と行われるような事はないようです。

キャッシング履歴で住宅ローンの審査は?


住宅ローンの銀行審査で
クレジットのキャッシングをした
履歴があると審査に通らないという
話がありますが、実際のところは
どうなのでしょうか?

気になって調べてみたのですが、
キャッシングの利用自体は
延滞などがなければ
問題はないようです。

ただ、住宅ローンの場合も
現在の収入と借入れ全てを含む
支出のバランスを見られるので、
現在の収入に対して借入れが多い場合は
厳しいでしょう。

また、キャッシングは
追加でいつでも借りられるので
問題はないとはいえ、
審査側に与える印象は
あまり良くありません。

すでに完済済みで
利用する予定がないのであれば
解約しておいたほうが
いいかもしれないですね。

職場に借金がバレない方法


消費者金融でカードを作ると
職場への在籍確認の電話が
かかってきます。

一応、消費者金融とバレないように
個人を装ってかけてくれるのですが、
大勢のテレアポがいる会社の場合、
周りから同じような内容が聞こえてくるので
人によっては消費者金融と気付く人も
いるようです。

そんな時は予防線として、

『クレジットカードを頼んだから
 電話がかかってくるかもしれない』

と伝えておきましょう。

クレジットカード会社も
消費者金融も確認の方法は変わらないので、
クレジットカードと言っておく事で
職場の人にも怪しまれる事はなくなります。

かなり一般化したとはいえ、
人によっては、いいイメージを
持ってない人もいるので、
クレジットカードと言っておく事で
変な噂をされるのを防ぐ事ができます。

延滞しても信用情報が汚れない方法


消費者金融の延滞って、
どれくらい遅れたら
延滞になると思いますか?

えっ!?一日でも遅れたら
延滞じゃないの?
レンタルだと、一日でも遅れると
延滞料金取られるし・・・

CDやDVDのレンタルだと
そうですよね。

では、消費者金融の場合は
どうでしょうか?

消費者金融の場合、
延滞扱いの基準が異なります。

どれくらい遅れると
【延滞扱い】になるのかですが、

『本来の支払い予定日から3ヶ月間遅れた地点』

になります。

3ヶ月遅れた地点で延滞扱いとなり、
異動情報が個人信用情報機関に
登録されます。

また、一度登録されると
5年間は消えません。

こうなると
新規での申し込みが出来なくなったり、
レジットカードやショッピングローン、
銀行での融資にも影響します。

勿論、一日でも支払いが遅れたら
延滞の利息は発生するのですが、
信用情報機関に延滞として登録されるのは
3ヶ月経ってからなんですね。

結構、知らなかった人も
多いのではないでしょうか?

ちょっとした豆知識として
知っておくといいかもしれないですね。

無職でお金が借りれる所


急なリストラや倒産で
現在、失業中という方も
多いのではないでしょうか?

平成24年5月分のデータで

就業者数、6297万人
就業率、56.8%

完全失業者、297万人
完全失業率、4.4%

というデータが出ています。

こういったデータは
あまりアテにならないので、
実際には、もっと多いのでは
ないでしょうか?

仕事がなくても
生きていくためには
最低限のお金が必要です。

しかし、残念ながら
無職だと基本、
貸してくれるところは
ありません。

闇金は論外として、
消費者金融でも
断られます。

たとえ入社が決まっていても
現在、働いていないと
貸してはもらえないんですね。

カード会社の審査は
カードを作る際の
その人の現状をみて
貸せるか貸せないかを
判断するので、
今、安定した収入がある人は
もしもの時に備え、
1枚作っておくと
いいかもしれませんね。

カードローン審査の違い


カードローンの審査は
会社によって違うようで
たとえ過去に延滞などなくても
通る会社と通らない会社が
あるようです。

では、なぜそんなに違うのか?

最近では、
インターネットを使うことで
店舗に足を運ぶ事なく、
契約が出来るようになりました。

その場合、ネット上で記入した
情報のみで判断するので、
相手側の受け取り方によって
断られたりすることもあるようです。

そういう時は
店舗や電話で事情を話せば
融資を受けられる可能性があります。

『返済に問題はないけど、断られた』

『仕事を始めて間もない』

そんな時は
直接、相談をしてみると
いいかもしれませんね。

キャッシング審査の条件


初めて利用する場合や 他にも借り入れがある場合、 審査に通るか不安ですよね。 キャッシング会社も仕事なので 金利を取らなければなりません。 貸す側の条件として『信頼できる人』 『まじめな人』『きちんと返済できる人』 に少しでも長く利用してもらいたい というのがあるんですね。 そう考えると、ポイントは ・毎月一定の収入があるか? ・借り入れできる年齢か? ・勤務先を頻繁に変えてないか? ・頻繁に延滞などをしてないか? ・自己破産をしてないか? ・他社を含めた借り入れが年収の  3分の1以上、または近くないか? このあたりになるのではないでしょうか。 以上の点に問題がなければ、 まず間違いなく大丈夫です。 もし、上記の点に問題があって、 さらに借りたいというのであれば やめたほうがいいですね。 ギリギリ大丈夫と思っても、 そこで何か起きたら まわらなくなるので。 イザという時に1枚持っていると 便利なのがキャッシュカードですが、 なるべくなら使わないで済ませたいですよね。 利用する前に一度、収入と支出の バランスを見直し、無理のない借り入れを するようにしましょう。 まずは仮審査で有利な条件を比較しよう