専業主婦でも借りられる銀行カードローン

今日は、昨日の専業主婦でも借りられる消費者金融に引き続いて、
専業主婦でも借りられる銀行カードローンの紹介です。

語弊がないように前置きしておきますが、
専業主婦でも借りられるかどうかの最終的な判断は
各カードローン会社の審査によります。

 

今回紹介する銀行カードローンも、
専業主婦でも申込が可能な銀行カードローンであって、
必ず融資を受けられる訳ではありません。

 

その気になるカードローンとは?

CMでもお馴染みのみずほ銀行カードローンです。

 

みずほ銀行カードローンでは、配偶者に安定かつ継続した収入があれば、
専業主婦(つまり収入がない主婦)でも30万円を限度額に融資を行うと貸付条件に明記されています。

 

専業主婦の方は、一切申し込みお断りとしている銀行カードローンが多いなか、
みずほ銀行カードローンの存在は大きいのではないでしょうか?

 

旦那さんの収入があれば
内緒で銀行からお金を借りる事も可能になるわけです。

黙って借金を作られた夫は大変ですが、
専業主婦には大助かりですね。

 

ただ、みずほ銀行カードローンには無利息期間がないので、
少しでもお得にお金を借りたいのであれば、

パートかアルバイト勤務をして無利息期間のある
プロミスに申込んだ方がお得に融資を受けられる可能性があります。
※無利息サービス利用は無料のポイントサービス加入が必要

↓    ↓    ↓    ↓    ↓ 

みずほ銀行に業務改善命令

 システム障害から1週間。みずほ銀行は22日正午に、まだ未処理件数は残っているものの、システムはほぼ正常化したとを発表しました。

 しかしその矢先、本日22日に金融庁はみずほ銀行に対し、業務改善命令などの行政処分を行う検討に入ったそうです。

 ・金融庁が今回、行政処分へと動いた要因は2つ

①全てのATMが停止し、100万件を超す振込みができず、利用者に大きな影響を与えた点。
②システム障害から1週間が経過し、トラブルが長期化した点

 以上の要因から、金融庁はみずほ銀行に詳細な経過報告と、再発防止策、原因の徹底解明を求める方針のようです。震災の影響とはいえ、みずほ銀行も災難ですよね。原因追求、解明、防止策を求められるのはどこも同じなんですね。

 しかし、今回がたまたまレアなケースだと思いきや、みずほ銀行は2002年にもシステム障害で金融庁から業務改善命令を受けていました。銀行も合併やらシステムの統合やら一筋縄ではいかないことが多発しているようです。

 25日が給料日の方は、遅延なく受け取れるようなので一安心ですね。

みずほ銀行システム障害回復の兆し

 震災の影響でシステム障害に陥っていたみずほ銀行は19日、ピーク時に116万件(約8296億円)あった未処理の取引が、残り78万件(約3396億円)になったと発表しました。
 
 この3連休中に、全てのATM受付を注意し、未処理取引の処理に没頭しているみずほ銀行のシステム障害は無事に回復へ向かっているようです。21日の夜までに全ての処理を終え、22日の朝に一斉送金する計画のようですが、まだ確報ではないようです。

 食料、燃料の供給も正常化したようなので、いち早い復旧が望まれますね。震災の傷が癒えるには膨大な時間とお金がかかりそうですが、目の前の事を1つ1つ着実にこなして頑張っていきましょう。

みずほ銀行の震災詐欺に注意!

 地震の影響でシステム障害に陥っているみずほ銀行で、「特例での支払のためにキャッシュカードを預かる」という手口の詐欺が多発しているようです。

 みずほ銀行では、「店舗外でキャッシュカードを預かったり、暗証番号を聞くことは絶対にない!」との事なので、十分にご注意ください。

 流通も回復の兆しが見えてきた首都圏でも、今度は現金を引き出せず困っている人が続出しているようです。みずほ銀行では未処理分の送金を終えて完全に復旧するのは早くても23日からと発表。しかし、西堀頭取は「復旧のめどは完全には立っていない」と述べ、給与振り込みが集中する25日以降に復旧がずれ込む可能性も示しました。

 みずほ銀行では、完全復旧を目指すため、本日(19日)に各店舗の窓口で原則として10万円を上限とした現金の支払い作業を行うなど、全ての現金自動預払機(ATM)を停止し、システムの復旧に全力を挙げているようです。

 みずほ銀は正常化に向けて19~21日の3連休にATMを停止して未処理分の作業を進めるようなので、まだしばらくはATMを利用できない日が続きますね。それにしても、人の不幸を利用して詐欺を働こうなんて許せませね。「法と秩序を重んじる民族日本」が聞いて呆れます。