じぶん銀行カードローンは本当に使えない?

上限金利が17.5%と高く、銀行カードローンの中で

最も人気がないカードローンと言っても過言ではない、じぶん銀行カードローン。

 

本当にじぶん銀行カードローンが使えないのか比較検証してみましょう。

じぶん銀行カードローンでは確かに上限金利が17.5%なので、銀行カードローン中ではかなり高めです。

ただ、消費者金融よりはちょい低め。

 

同じ三菱東京UFJ銀行系のモビットが18.0%なので、モビットに申込むよりかは幾分お得。

しかしプロミスやレイクと比較すると、無利息キャンペーンがあるのでじぶんローンは厳しい立場です。

 

しかし!じぶん銀行カードローンの最低金利をみて下さい。

じぶんローンの最低金利は5.0%とトップ銀行カードローンなみ。

まぁ、モビットが最低金利4.8%まで引き下げたので良い勝負ですが、

じぶんローンは正式な銀行カードローンなので安心感という付加価値があります。

 

つまり、じぶん銀行カードローンは最低金利が適用になるような大口融資や、

消費者金融に申込むのは不安な方にとっては、かなり使えるカードローンという地位を築けそうです。

定年後でも借りられる銀行カードローン

長引く不況、今はまだなんとか年金が給付されますが、

やはり定年後の生活を考えると不安で仕方ありません。

 

今日は、定年後でも借りられる銀行カードローンを紹介します。

定年後でも借りられる銀行カードローンは実は1社しかありません。

 

定年後でも借りられる銀行カードローンは、

三菱東京UFJ銀行とKDDIが共同出資で作ったじぶん銀行のカードローン、じぶんローンのみです。

じぶんローンはネット銀行ですが、楽天銀行カードローンや住信SBIネット銀行カードローンともと競うこともなく、

ちょうど消費者金融と銀行カードローンの間ぐらいに位置しています。

 

限度額は500万円まで可能ですが、

金利が5.0%~17.5%と、消費者金融よりは低めですが、

銀行カードローンの中では高い設定です。

年齢制限は20~69歳まで借りられます。

 

銀行カードローンは大抵65歳までの年齢制限で、

消費者金融は69歳まで借りられる所がほとんどです。

 

定年後に消費者金融でお金を融通してもらうのは恥ずかしい、みっともないと感じるのであれば、

じぶん銀行カードローン、銀行カードローンなのでオススメです♪

 

じぶん銀行カードローン詳細