カードローンの審査口コミ・裏評判 > キャッシング > キャッシングするなら収入証明書類って絶対必要なの?

キャッシングするなら収入証明書類って絶対必要なの?

キャッシングをする際、収入証明書類は必要な場合とそうでない場合があります。

 

基本的な考え方としては、

  1. プロミス、レイクなどの消費者金融で50万円以上の融資を受ける場合
  2. 三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などの銀行カードローンで100万円以上の融資を受ける場合

です。あと、他社での借入総額が100万円を超えている場合も収入証明書類が必要になる場合があります。

場合があるというのは、提出しなくても借りられる可能性があるし、基準額を超えていても収入証明書類が必要ないこともあるからです。

 

それは、各キャッシング会社の審査による所が大きいです。ただ、収入証明書類を提出しないと、融資額が制限されてしまったり、審査に落ちてしまう時があるのでなるべく提出できるように準備しましょう。

 

収入証明書類として提出可能な書類は以下の通りです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(直近のもの1ヶ月分)
  • 所得証明書(または通知書)
  • 市民税・県民税額決定通知書

 

給与明細が一番手軽で紛失もしづらいので便利だと思います。キャッシング申込の際には手元に準備しておくと良いでしょう。

消費者金融、銀行カードローン問わず、審査は人間が行っているものなので、必要書類をしっかり準備していればそれだけ印象も違ってきます。

 

審査に通って、無事融資を受けるためにも、収入証明書類などの付属書類はできるだけ用意しておきましょう。

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。