総量規制の例外と対象外

消費者や、キャッシング会社を苦しめる総量規制。

でも意外と消費者の為になっていたり、例外が適用されて融資には影響なかったりする場合もあります。

 

まず、総量規制で一番多い問い合わせが、年収の3分の1以上の融資の中に、住宅ローンや自動車ローンが含まれるの?という質問です。

答えはずばりNO!総量規制の規制対象に住宅ローンや自動車ローンで借りている額は含まれません。さらに、クレジットカードのショッピングなどによるローンも含まれないので安心を。

 

あと年収についてですが、これは手取りではなく税込年収になります。給料のほとんどを税金に持っていかれると普段嘆いていると思いますが、総量規制に限っては税込の年収になります。

つまり、手取年収が250万円だけど、税金を年間50万円払っているなら、あなたの総量規制対象年収は300万円となり、消費者金融からキャッシングできる融資枠は100万円以内という計算になります。

 

そして、一番重要な総量規制の対象外は、銀行カードローンも総量規制の対象にはならないという点です。

銀行カードローンで借りている分はローンに含まれませんし、これから銀行カードローンで借りるという場合も、総量規制に苦しまなくて澄みます。

 

もし総量規制が心配という方は、初めから銀行カードローンに申込むのも良いかもしれませんね。

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。