総量規制の抜け穴

消費者金融の難敵として立ちはだかった総量規制ですが、抜け穴があるのはご存知でしょうか?

 

まず、総量規制の対象になるのはプロミス、レイク、ノーローン、アコム、モビットといった消費者金融です。

つまり、楽天銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローンなどは銀行カードローンなので対象になりません。

 

しかし、銀行カードローンは消費者金融より審査が厳しく、消費者金融へ顧客が流れて行くので、やはり融資が行えない。

という負のスパイラルが起ってしまいます。

 

ここで考えたのが、プロミスやモビットといった大手消費者金融です。

総量規制の抜け穴はもう1つあって、借り手が一方的に有利になる貸付であれば、年収の3分の1以上でも貸してよい。

としています。

これはつまり、俗に言うおまとめローン。というやつですね。

 

借金をまとめて、金利が安くなる。つまり借り手に有利になるので、

総量規制の規制がかかってしまう消費者金融でも年収の3分の1以上貸付ができてしまう。

という総量規制の嬉しい抜け穴です。

 

お金がどうしても借りれなくて困っているなら、プロミスモビットに一度相談してみましょう。

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。