悪徳金融の見分け方

今日は簡単な悪徳金融の見分け方を紹介します。

悪徳金融の見分け方はいたって簡単です。

 

貸付条件の、担保保証人の欄を見ましょう。

不要になっていたらセーフ。

原則不要になっていたらアウトです。

 

この悪徳金融の見分け方はあくまで参考程度に留めておいて頂きたいのですが、

私の経験上、「原則」不要となっている場合、ほとんどの金融会社で「お客様の場合は保証人が必要です。」

と保証人を催促される事が多いです。

 

 

しっかり融資を行う、大手は保証会社を自社で請け負ったり委託している為に、保証人不要とできるのですが、

貸す気がない(紹介屋)や悪徳金融では必ず保証人を立てさせれられます。

悪徳金融でも融資をしてくれるなら構いませんが、保証人だけは立てるのをやめましょう。

 

あなたの周りの人に迷惑がかかってしまいます。

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。