貸金業法改正でのメリット


貸金業法改正後、年収の3分の1までしか
借り入れができなくなりました。

借り入れ額の部分のみが注目されているので、
デメリットしかないように思えますが、
メリットもあります。

 

グレーゾーン金利が廃止され、
上限金利を29.2%が20%に引き下げられました。

 

これまで、キャッシングの上限金利は出資法と利息制限法の
2種類の法律で制限されてたのですが、
その差分がグレーゾーン金利と呼ばれていて、
その上限金利である29.2%が実質金利となっていました。

そのグレーゾーンが廃止され20%が上限になったのは
かなり大きいのではないでしょうか。

 

100万円を1年で返済する場合、金利で約10万円の差がでます。

年収の3分の1までしか借りられなくなった事で
困る人もいるでしょうが、仮にそれ以上借りられたとしても
金利だけが増え、なかなか返済が終わらないという事にも
なりかねません。

 

借りる際は『3分の1までは大丈夫』ではなく、
極力、借り入れを抑えて余裕を持った返済をするようにしましょう。

借りたら借りた分だけ利息が発生しますし、
きちんと返済しないと、それだけ利息も伴うので注意が必要です。

 

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。