必ず融資、ブラックOKの罠


キャッシングの広告を見ていると
『必ず融資』とか『ブラックOK』
とかの言葉をよく見かけますよね。

インターネットでは
手軽に調べられるのが利点ですが、
たくさん載ってれば安心か?
というと、そうではないので
注意が必要です。

以前は金利は最大で年利
29.20%までOKだったのですが、
2010年の法改正で
20%を超えるものは
刑事罰対象となりました。

そもそも、返済能力のない人に貸す
というのは、貸す側になにかしらの
メリット、回収できる自信が
あるからなんですね。

取立てもTVで見るような
脅迫のようなものから、
返済させるために他の業者を紹介し
高額の手数料を取る紹介屋と
組む整理屋などがあります。

こういったところから
一度でも借りてしまうと
借金は膨らんでいくばかりです。

きちんとしたところなら

都道府県知事登録の場合 ○○県知事(○)第○○○○○号
財務局登録の場合    ○○財務局(○)第○○○○○号

などのような

『貸金業登録番号』が
記載されてるはずなので
調べてみるといいかもしれません。

借りる際は甘い言葉に騙されず、
しっかりとしたところを
選ぶようにしましょう。

関連・金融マネー情報

コメントは受け付けていません。